当事者同士の危険性

車1

交通事故を起こしたり、交通事故に遭った際は、まず弁護士に相談したほうが良いといわれています。特に気をつけたいのが当事者同士による話し合いで、事故直後はお互い興奮して、冷静な判断力を失っている可能性があります。

そのせいでお互いの意見が錯綜して喧嘩などに発展することもあるので、常に冷静に情報を集め、どう対応するべきか判断してくれる弁護士がいると、更に大きなトラブルに発展する可能性を減らすことができます。交通事故はどちらが被害者かを考える必要があります。

事故の内容にもよりますが、お互い自動車を運転している場合、原因がどちらかはっきりしないこともあるので、そのあたりを調査するためにも、弁護士のサポートは重要です。

ドライブレコーダーなどの明確な証拠がない限りは、どちらが原因か判断するのは避けたほうが良いでしょう。

すぐに弁護士に相談できるよう、事故が起きる前から相談する法律事務所を探しておくのをお勧めします。

交通事故に巻き込まれた際は、弁護士に相談することで今後のトラブルを防ぐことができ、場合によってはより多くの慰謝料を受け取れる可能性も出てきます。当然弁護士の相談料金はかかるでしょうが、それを差し引いても、当事者同士で話を進めるよりは、安心して今後の話し合いなどの準備を進めることが出来ます。

もちろん適当に弁護士を選ぶと、あまり良い成果を上げられないので、前もって交通事故解決の実績を積んだ弁護士を探しておくと良いでしょう。